マグネットベースインディゲーターホルダー

お勧め商品お勧め商品

条件に合う投稿はありませんでした。

2014年05月20日

自動売買 注意点

自動売買 注意点
スプレッド=手数料と思ってください。
外貨を売買する時の買値と売値の差額がスプレッドです。
PAIRの欄にある左側の通貨を売買する時に、右側の通貨でいくら払うかを表しています。
一番上のUSD/JPYの場合は1ドルをBIDが売る場合のレートでASKが買う場合のレートを表しています。
スプレッドが低ければ低いほど、投資家がFXで利益を出しやすくなります。
スプレッドとは、FXの利益を左右するとても重要な数字です。
スプレッドを計算してみました

スプレッドとは?スプレッドの計算
FXで儲ける為にはスプレッドが一番重要!
少しでもスプレッドが狭い(取引コストが安い)業者を使いましょう。
スプレッドが狭い業者を選ぶことが勝ち組への必須条件です。
ドル/円の取引(一万通貨)でスプレッドの差が2銭ある場合で計算してみましょう!
業者A(スプレッド3銭)
10,000×0.03×10回= 3,000円の手数料。

業者B(スプレッド1銭)
10,000×0.01×10回= 1,000円の手数料。
たった10回の取引で2千円の差が出ます。
365日で計算すると730,000円!恐ろしい差です…。

「その他情報」

スプレッドとは、簡単に言うと「取引に掛かる手数料」です。
外貨を買った値段(買値)と売った値段(売値)の差額をスプレッドと呼びます。

例えば1ドルを売る時は100円10銭、買う時は100円11銭とするとこの差額の1銭をスプレッドといいます。つまりスプレッドは取引の手数料です。
これがFX会社から見ると「利益」となり、FXユーザー側から見ると「取引手数料」となります。
スプレッドが狭い(手数料が安い)ほど低コストで取引でき、
有利な条件でFXをすることができます。
スプレッドの差が利益の差になります。

FX取引においてスプレッドが一番重要だと言えますが、FX会社毎にかなりのばらつきがあります。
スプレッドが狭いFX会社を使うことが重要です。